2014年11月12日

紋様と色の意味

 色を身に纏う行為に念を移し、心を通じさせる。

大自然の不可思議と神秘に、畏怖や祈念の思いとして表した紋様を纏う事により、
絵柄の命を分けてもらうのだ と信じる布帛。
そんな氣力いっぱいの模様を麻地、木綿、正絹の布と月桃紙へ染め上げています。
4483868894_61959ab46e_b.jpg
色と光を通して、物語を書いています。(°∀°)/
(C)copyright FujinoBingata 2014. All rights reserved.  ◆無断転載禁止


posted by FujinoBINGATA at 00:00| Comment(0) | 色と模様の話 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。